折れにくいステンレス菜箸☆貝印 プラスチックハンドル菜箸 DH-7102を買いました。

初めてステンレス菜箸というものを買いました。

貝印 プラスチックハンドル菜箸 DH-7102。

今までは、木製の菜箸を使っていたんですが、先がよく折れたりして何度も買い替えたりしていたので、今回は折れる心配のないステンレス菜箸を購入してみました。

プラスティックハンドルで持ちやすく、焦げたり折れたりしにくいステンレス製という貝印の菜箸です。

柄の部分の耐熱温度は110度。

長さは30cmの日本製。

先はすべり止め加工がされています。

早速うどんを茹でてみると、

特に問題なく使うことができますが、ステンレスは熱伝導が良いので、お湯に触れたままでいると、当然熱くなるので、熱には注意ですね。

あとは、実際に使ってみて思ったんですが、ステンレスの部分が細いからか、持ち手部分のプラスチックが滑りやすい素材だからか、少し持ちづらかったです。うどんをたっぷりなど、重いものを持ち上げるのには向いていないかもしれません。

天ぷらなどの揚げ物の時や、お皿への盛りつけ時などに使っていこうと思います♪

ステンレス菜箸探しの旅は、まだまだ続く。。

⇒ Amazonで貝印 プラスチックハンドル菜箸を探す。

おすすめ度 : ★★★☆☆