コンパクトで使いやすい!ユニセラ TGⅢ 口コミ

ユニセラ TGⅢ
ユニセラ TGⅢ

コンパクトで片付けしやすい、使いやすいバーベキューコンロを探して辿り着いたTGⅢを買ってみました。

今まで、2千円くらいのものを使っていたんですが、大きい割に火力が弱かったり、炭を追加するとき、開け閉めしにくく、使いにくかったりで、どうもしっくりこなかったんです。

そこで見つけたのがユニセラTGⅢ。コンパクトで片付けも簡単。さらに新しくなったTGⅢは、分解して掃除ができるということで、これは!!と思い購入しました。

ユニセラ TGⅢの中身

まずは、TGⅢの中身。
ユニセラ TGⅢ

本体、炭受け、焼き網、ロストル、滑り止め用のスタンドゴム、説明書がセット。
(※ロストル ・・ 写真中央の網。風通しをよくし、火がよく燃えるようにするための網のこと。)

テーブルに置いて広げてみても、それほど場所をとらず、コンパクトです。

これで、4~5人用とは思えない大きさ。

【サイズ】
使用時 : 31.5 × 25 × 19(高さ)cm
収納時 : 31.5 × 16.5 × 8.5(高さ)cm
【材質】
本体 : ステンレス鋼+特殊セラミック
焼き網、ロストル、灰受け : ステンレス鋼
【本体重量】
約3.1kg
(日本製)

折りたたむとA4サイズになります。

オールステンレスボディの清潔設計

TGⅢの本体はすべてステンレス。
ユニセラ TGⅢ

すっきりしたボディで清潔感があります^^

組み立ても簡単で、テーブルの上でパパっと完成します。

まずは、両端の壁となる部分をセットしていきます。
ユニセラ TGⅢ

本体を寝かせるとセットしやすいです。
ユニセラ TGⅢ
ユニセラ TGⅢ

側面の金具を本体にセットするんですが、これが気持ちいいくらいに、ぴたっと入ります^^
ユニセラ TGⅢ

しっかりホールドできて、途中外れるといった心配は一切ありませんでした。

側面をセットしたら、スタンドを立てます。
ユニセラ TGⅢ

このスタンドもよく考えられていて、持ち手部分の金具に引っかかってきっちり止まるようになっていました。

ユニセラ TGⅢ

よく考えられています^^

次にセットするのが、ロストル。
ユニセラ TGⅢ

横からスライドさせていれていきます。

こちらもとてもうまくできていて、内側の継ぎ目部分にしっかりと引っかかって固定ができました。
ユニセラ TG3

見た目には、引っ掛かりが浅いように見えるんですが、本体もV字になっているからかしっかり固定できます。

そして次は、灰受けです。
ユニセラ TGⅢ

これは、ちょっと使いにくかった。わかってしまえば、大丈夫なんですが、ロストルと同じようにきっちり奥まで入れようと押しすぎると落ちます。
ユニセラ TGⅢ

この灰受けは、本体内側の継ぎ目で引っかかるわけではなく、本体側面のV字で支えるよう。

本体より少し長くなっていて、両端ともに、下の写真くらい出しておけばOK。はじめは少し入れにくいです。
ユニセラ TGⅢ

あとは、焼き網をセットするだけでOK♪
ユニセラ TGⅢ

この焼き網は洗いやすくて良かった!100均で売っているような、よくある焼き網は、交差部分が多くて、洗うのがすごく面倒だったんですが、この焼き網は交差部分が少ないので、洗う時も楽だろうと思ったのが、購入理由の一つ。実際、やっぱり楽でした♪

この焼き網は、足がついていて、足を利用せず網部分を下に置けば、近火。足を利用して網が上にくるように置けば、遠火に使い分けることができます。

近火。
ユニセラ TGⅢ

遠火。
ユニセラ TGⅢ

写真ではわかりにくいかも知れませんが、焼き網は、裏と表で使えます。

完成!
ユニセラ TG3

付属のスタンドゴムもつけました。

このスタンドゴムは、少々外れやすいです。バーベキュー後、片付ける時に取れていたことに気付かず、一つ迷子にして、置いてきてしまうところでした。

セラミックパネルを使い少ない炭でOK

TGⅢを見て気づくのは、白いパネル。
ユニセラ TGⅢ

このパネルは特殊セラミックで、このパネルと本体のV字の形によって、少ない炭でバーベキューを楽しむことができるのだそうです。

ユニセラ TGⅢ

先日試してみたら、今まで使っていた炭の量よりかなり少ない量で、家族4人分のバーベキューを楽しむことができました。

新しくなったTGⅢは、すべて分解して洗える!

以前のTGⅢは、分解できなかったようなんですが、新しくなったTGⅢは、本体を分解することができます。

側面についているピンを外し、
ユニセラ TGⅢユニセラ TGⅢ

ピンを抜けば、
ユニセラ TGⅢユニセラ TGⅢ

左右の本体が外れます。
ユニセラ TGⅢユニセラ TGⅢ

ユニセラ TGⅢ

キャンパーの方では、パネルを外して洗っている方もいらしたんですが、このパネルは水洗いできるようです。

我が家では、厚手のバーベキュー用のアルミを敷いてバーベキューしています。
ユニセラ TGⅢ

パネルの上にもアルミをかぶせていますが、遠赤パワーは通過するということなので、こんな感じでバーベキューを楽しみました。特に火の通りが悪いと感じることはなく、普通にバーベキューを楽しめました。

見た目は不格好ですが、後片付けが楽なのと、アルミをかぶせたところは、ステンレス部分を綺麗なまま保てます。(空気の流れる為の穴(ロストルの部分)はアルミを被せないので、隙間があったりする部分は汚れます。)

アルミを使う場合は、お家で使うアルミでは、逆に溶けて汚れたりするようなので、厚手のバーベキュー用のアルミを使われるといいです。

焼いてみた!

我が家初!ユニセラ TGⅢ デビューのバーベキューです。お肉を焼いてみました。
ユニセラ TGⅢ

あさりなどを置かなければ、もう2、3枚お肉が焼けるかな?

使ってみた感想は、お肉だけ、野菜だけ、と分けて焼けば、家族4人(大人2、子供2)でも問題なし。でも野菜とお肉を一緒に焼くとなると、ちょっとペースダウンになると思います。特に我が家のような男家系や、大人だけ4人などの場合は、もう少し大きいほうがいいのかも。それでも、火力もあって、焼ける時間は早い気がするので、特に不便さは感じませんでした。何より片付けもし易いので、買って良かったです♪

TG3は、コンロの下は熱くならないので、キャンプ用テーブルの上に置くことができるということです。

我が家では、キャプテンスタッグのミニテーブルに置いてみたんですが、サイズがぴったりでした。

テーブルに置くのが不安な時は、ミニテーブルもいいかもしれせん。

やはり色々調べて、探して、お気に入りを見つけることができると愛着もでますね^^

大切に使っていこうと思います。

TG3は、現在、今回のオールステンレスのものと、ブラックがあるようです。ユニセラは、焼き鳥台やグリルプレート、サイドトレーなど、オプションパーツも豊富なので、バーベキューの幅も広げてくれそうです。

⇒ 楽天でユニセラ TGⅢを探す。
⇒ Amazonでユニセラ TGⅢを探す。

※ユニセラ TGⅢの収納ケースは別売り(900円)

  

おすすめ度 : ★★★★☆

【関連記事】
4人家族でもゆったりくつろげるLサイズのポップアップテント 口コミ
家族で楽しくピクニック♪使いやすいサーモス ファミリーフレッシュランチボックス(DJF-4000) 口コミ
冷たいまま飲み物が飲める!サーモス 真空断熱タンブラー 口コミ
家族でお出かけ!Coleman(コールマン) クーラーボックス パーティースタッカーホイール付 口コミ
子供でも軽く持てる☆軽量LEDランタン 口コミ
夏の水遊びに最適!ウォーターファイト ファイヤドルフィン 口コミ